アクション

海洋の10年」アクションの賛同者の紹介

気候行動計画のための研究プログラム

CEAZA(乾燥地帯研究センター) - チリ

人類と海洋の関係を変える、プロジェクト、すべての人のための技能・知識・技術、南太平洋、気候変動に対する海洋ベースの解決策を解き放つ

気候行動計画のための研究プログラム(CLAP)は、最新の海洋・大気力学的ダウンスケール・モデルを通じて、コキンボ沿岸地域の海洋・陸域サービス圧力について、短期から世紀末の気候変動の時間スケールで、より現実的かつ正確な地域予測を行い、科学的理解を深めることを目的としています。

この地域の沿岸海洋が提供するサービスを定量化し、予測する社会生態学的モデルの開発を目標としています。第1フェーズ(2021-2025年、資金提供)では、海洋・大気循環や生物地球化学環境の気候変動について、信頼性の高い地域から地方への予測を行います。これにより、コキンボ沖の海洋沿岸域の生態系に基づく管理戦略の実施に必要な生態系サービス(ES)アプローチを開発することができる。第2フェーズ(2026-2030年、資金未投入)では、このアプローチを拡大し、計画の基礎として、ESを明確に定量化し、マッピングするために、社会経済的側面を強化する。

このプロジェクトは、「海洋の10年」プログラムGlobal Ocean Oxygen Decade (GOOD) が主催しています。

開始日:2022年03月01日
終了日:2030年12月31日

リードコンタクトBoris Dewitte(boris.dewitte@ceaza.cl)