アクション

海洋の10年」アクションの賛同者の紹介

北極圏における海洋生態系のストレス要因

カナダ漁業海洋省(Fisheries and Oceans Canada) - カナダ

北極海、プロジェクト、生態系と生物多様性の保護と回復、気候変動に対する海洋ベースの解決策を解き放つ

伝統的な知識と気候モデルのダウンスケールにより、海洋生態系と自給自足漁業への影響を評価するこのプロジェクトは、北極圏の海洋プロセスが、気候変動における植物プランクトンと魚類群の存在量、分布、パターンなどの海洋生態系に与える影響について理解を深めることを目的としています。

モデルの評価には、海洋酸性化、脱酸素、温暖化、波浪状態の増加、海氷に関連する生態系と関連する生態系サービスの損失などの累積ストレス要因の傾向と予測を含み、カナダ北極圏のイヌビアリット居住地域(ISR)と海洋保護区(MPAs)に焦点を合わせている。このプロジェクトでは、イヌヴィアルイットのコミュニティをよりよく表現するために沿岸地域にダウンスケールするなどのモデルの改良を行い、コミュニティベースのモニタリング(CBM)と連携させる。

このプロジェクトは、「海洋の10年」プログラムOcean Acidification Research for Sustainability (OARS)が主催しています。

開始日:2021年01月09日
終了日:2024年3月31日

リードコンタクトNadja Steiner(nadja.steiner@dfo-mpo.gc.ca)